育毛シャンプーに含まれる成分とは

育毛シャンプーに含まれる成分とは

ここでは、育毛シャンプーに含まれる成分についてみていきましょう。含有成分には、「天然由来」などと記載されていることが多いですが、天然だから安全とは限りません。

 

主成分が天然だとしても、何らかの添加物が含まれていることがあるからです。一つの目安として、常温保存で保管できる商品は、添加物が含まれていると考えてもらって間違いありません。

 

本当に安心な育毛シャンプーの場合、冷蔵庫で保存しないと腐るのが普通です。これは防腐剤を含んでいない証拠でもあります。

 

■主な有効成分について
育毛シャンプーには、DHT(デヒドロテストロテン)の産生を抑制する成分が含まれています。DHTは男性ホルモンから産生される成分で、男性の薄毛の一大要因となる物質です。皮脂を蓄積させ、薄毛や脱毛を促すのです。

 

また、血行を促進する成分が含まれているのも普通です。頭皮の血流が悪くなると、毛根へ栄養素を運ぶことが難しくなります。

 

すると頭皮が栄養不足になり、健康な毛髪が生えてこられなくなるのです。血流を促す成分は多種多様で、それぞれの商品によって含まれる成分は異なります。

 

■洗浄力の強さ
洗浄力が強いと皮脂を除去するうえで優れています。しかし、皮脂には紫外線のダメージを抑制するという役割もあるため、頭皮が突っ張るほど皮脂を除去することは、切れ毛・抜け毛などの原因となるのです。

 

そのため、適度な洗浄力を持つ育毛シャンプーを選択するべきです。実際に使用してみて皮膚が乾燥するようなら、成分が強すぎる可能性があります。


銀座クリニック&アートネイチャー

銀座クリニック アートネイチャー

楽天オススメ商品

アドセンス広告