育毛シャンプーに向いていない成分

育毛シャンプーに向いていない成分

育毛シャンプーや発毛剤など、髪の毛と頭皮の健康を維持するためのアイテムは多種多様です。しかし、すべての商品が安全とは限らず、なかには抜け毛を誘発することされあります。

 

抜け毛を誘発する要因は、刺激が強いことが一つの原因です。刺激が強いのは、価格が安い育毛シャンプーに多いようです。価格が安い商品には、防腐剤などの添加剤が含まれています。

 

これは、大量生産を行うためには仕方のないことですが、頭皮環境が悪い人は要注意です。例えば、敏感肌の人が洗浄力の強いシャンプーを使用すると、頭皮にダメージを与えてしまう可能性があります。

 

また、頭皮が乾燥して、かゆみ・フケの要因になったりします。頭皮の乾燥は、育毛環境としては悪い状態です。

 

脂肌もよくありませんが、乾燥している状態は紫外線から受けるダメージも大きくなるのです。これは顔に例えるなら、乾燥による肌荒れと似ています。そのため、育毛シャンプーを使用するときは、適度な洗浄力を持つタイプを選択するべきなのです。

 

そして、髪の毛のためのアイテムを使う場合、すべて同一の会社の商品で統一するのがよいとされます。会社が違うと相性が合わないことがあり、かえって抜け毛や薄毛を促進することがあります。

 

会社が違うと、同じ乾燥肌や脂性肌に対する基準が異なることがあります。ある会社の洗浄力は適度でも、別の会社の商品だと強すぎることがあるのです。シリーズの場合は、こうしたデメリットはないので心配することなく使用できます。


銀座クリニック&アートネイチャー

銀座クリニック アートネイチャー

楽天オススメ商品

アドセンス広告