育毛シャンプーを選択するコツ

育毛シャンプーを選択するコツ

育毛シャンプーの種類はさまざまです。ドラッグストアや通販ショップなど、いろいろな場所で販売されています。主なタイプをあげると、界面活性剤を含んだ刺激が強いタイプ、アミノ酸系の頭皮にやさしいタイプ、洗浄力が弱くて刺激も弱いタイプ、などがあります。

 

■育毛シャンプーの成分表示を参考にする
洗浄力を高める成分には「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」「ラウリル硫酸塩」などがあります。あわ立ちにも優れていますが、そのぶん頭皮へのダメージが大きくなります。

 

湿疹や頭皮の荒れにつながることもあるので注意しましょう。これらの成分は、安価な育毛シャンプーに多量に含まれていることが多いようです。

 

頭皮へのダメージが弱い成分は、天然由来の「ヤシ油脂肪酸」などです。これらの天然成分は、洗浄力はそれほど高くはありませんが、頭皮へのダメージも弱くなっています。

 

洗浄力の高さと刺激の弱さを両立させた成分には「石けん素地」があります。ただ、洗い心地があまりよくなく、ゴワゴワした感じになるのが難点です。そのため、トリートメントをしっかりと使い、髪の毛に潤いを与えることが大切です。

 

これらの育毛シャンプーの成分は、頭皮が健康ならば悪影響が出ることは少ないようです。しかし、頭皮が弱っている人の場合や、すでに脱毛が始まっている人の場合は要注意です。頭皮がデリケートになっている場合、少しの悪影響でも抜け毛・脱毛を急激に促進させることになります。


銀座クリニック&アートネイチャー

銀座クリニック アートネイチャー

楽天オススメ商品

アドセンス広告