育毛シャンプーでヘアサイクル調整

育毛シャンプーでヘアサイクル調整

ヘアサイクルを整えるなら、育毛シャンプーを使って頭皮を整えることから始めましょう。頭皮が不健康な状態では、健康な髪の毛が生えてくることはありません。

 

ヘアサイクルは、男性と女性で期間が異なります。男性は2?5年、女性は4?6年となっており、女性のほうが長いのが特徴です。この期間中に「成長期」「退行期」「休止期」が繰返されます。

 

■成長期について
毛母細胞(髪の毛の細胞)が積極的に分裂します。この時期は髪の毛が伸びるために欠かせません。

 

■退行期
髪の毛の細胞分裂が遅くなってきます。それにより髪の毛の成長もストップしてきます。退行期は2?3週間くらいが普通です。

 

■休止期
髪の毛が成長する細胞がストップします。休止期は3?4か月くらいとなっており、かなり長くなっています。

 

洗髪のときに髪の毛が抜けやすいのは退行期や休止期です。抜けること自体は異常ではありませんが、あまりにも多すぎるようだと注意が必要です。育毛シャンプーを活用するなど、自主的なケアが必要となるでしょう。

 

ヘアサイクルが崩れてしまうと、髪の毛がやわらかくなったり、抜け毛の本数が増えたりします。特に洗髪やブラシを使用したときに抜け毛が目立つようになるはずです。この習慣自体は正常ですが、あまりに長期的に続くようであれば要注意です。

 

髪の毛が生えてくるよりも、抜ける本数が多くなると、どんどん髪の毛が薄くなってしまいます。対策としては、自分に適した育毛シャンプーで頭皮に活力を与えるのが一番です。


銀座クリニック&アートネイチャー

銀座クリニック アートネイチャー

楽天オススメ商品

アドセンス広告